いしだのマガジン

いしだが芸術や社会の記事を書いています。

MENU

つらいのはモテないから?こじらせはやばい 【非モテ】【性的弱者】

f:id:magazineishida:20211201173442j:plain

少し前の記事でもかきましたが…小谷野敦さんの著『モテない男』を読みました。

読んだ感想としては…

👨‍🎨「①7つの講義って感じで書かれてる。「童貞」「浮気」「嫉妬」…みたいな。答えはくれないひたすら疑問が提起されてる感じ

②昔の文学からの引用が多い。夏目漱石の引用が特に多かった。源氏物語はおかずになったのかは面白い視点

という感じです。

それも踏まえつつ、少しモテないについて筆者いしだが考えたことをまとめます。

 

 筆者いしだは現代美術家をしています。
 大学時に不登校や人生迷走を経てアートに出会いました。独学でアートを学び、身体表現・パフォーマンスを用いた作品の制作を始めました。
 現在は展示会で作品の発表の他、芸術や社会に関する執筆活動に取り組んでいます。

 

こちらの本です。

ブログ村に参加中です。よければクリックを

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

モテなくてツラい?

やはりモテないとつらいようです。例え、性欲を満たせる相手がいても。

 

江戸時代は遊郭でもすぐ行為とはならず、まず疑似的な恋愛、通いがあった後に行為に至ったそうです。

「セフレ」「体目当て」なんてものもありますが、やっぱり単なるセックスのためだけで人と交わるのは虚しい。

 

なんてことを小谷野さんも書いてました。

やっぱり昔から性欲と同じぐらい恋愛が大事なものだったのかもしれません。

 

以前、犯罪とモテないが結びついているのでは…ともなんとなく書いたことがあります。

magazineishida.hatenablog.com

現代の風俗で恋愛は法度でしょうが、やはりある嬢を何度も指名して仲を深める利用客が多いのはこのためでしょう。

非モテ・性的弱者

非モテ

よく使われるようになった言葉非モテ

 

👨‍🎨はてなの『非モテとは』のまとめがすごい長文でした。その中から一部抜粋すると…」

言葉の発祥としては、1990年代後半の個人サイト界隈において、男性管理人が自虐的に「非モテ」と言い始めたのがきっかけと見られる。非モテ系日記 Web Ringはその頃できたもの。この頃は「モテ」が対義語であったといえる。
その後、2ちゃんねるに2000年にできた「独身男性板」(通称「毒男板」)で、恋愛絡みのネタが多く話されていた。2004年には「モテない男板」(通称「喪男板」)が作られ、2005年には「もてたい男板」が生まれている。

非モテとは 一般の人気・最新記事を集めました - はてな

1990年代ごろにネットで生まれていった言葉ということですね!

非モテに関して研究されている方もいるとのことです。

書いた著書はこちら

ちなみに一方的に思いを寄せることは「非モテコミット」なんて言うらしい。

性的弱者

一方で、小谷野さんの本では非モテという言葉ではなく「性的弱者」という言葉が登場していました。

👨‍🎨「正式な言葉のようでwikipediaにも!」

性的弱者(せいてきじゃくしゃ)は、性的魅力に劣る等の理由で、他者から恋愛・性愛行為の対象として選択されにくい者。

性的弱者 - Wikipedia

恋愛弱者

ただ小谷野さんがまずいと言うのは性的弱者ではなく「恋愛弱者」

性的弱者は「他者から選択されにくい」と定義されてます。

では逆に「恋愛」という形で他者を獲得する能力がない人はどうしたらよいのでしょうか。

他者とコミュニケーションをとりたい欲望に上手く向き合えない人をどうしたらよいのか。

コミュニケーションがうまくできない人に、「コミュニケーションスキル磨け」とだけで終わらしてしまうと、人は救えないでしょう。

簡単と分かっていてもできないのが「恋愛弱者」なのだと思います。

生きづらい?

モテないとつらい、虚しいとは冒頭で書いたのですが、一番につらくなるのはこういう言葉。

モテないが悪口の一つとなってますね。

 

私は大学時代、サークルの仲良し男が皆恋人がいたときはなんかしんどいなぁと思ってました。

とりあえず誰かと付き合わないといけないのかなぁ…なんて。誰とも付き合ってない自分はダメなのかと。

 

よく童貞といじられていた子のこともかわいそうに見ていました。

対策として…こじらせはやばい

現在、私はそうしたコミュニティに属していないので、あまり恋愛したいとも思わず生きてます。むしろ恋愛めんどくさい(笑)まだ先でいいや。

 

一方で、面白い記事がありました。

www.rapport-anchor.jp

記事によると、なんか40~50代男性に余りものが多いんだとか(笑)

記事では恋愛強者になって結婚しようと締めくくられています。

 

しかし、自分はしたいときに恋愛をすればいいなと思います。

①ほんとに恋愛がしたいのか

それとも、

②周りに彼氏・彼女がいるから羨ましいのか

①なら恋愛をすべきですが、②なら無理にしなくてもいいんじゃないかなぁ…と。

②だと自分が普通じゃないみたいで孤独感が強まりそうですが…

 

特に「モテないのは、女が悪い。女が嫌いだ。」なんてこじれていくのが一番まずい所です。

 

ちなみに…

👨‍🎨「自分の大好きな石田衣良さんの三部作、娼年・逝年・爽年のうち、爽年に30を超えた処女の方が出てきます。その方に対して、恋愛をしたいと思うのが早い人も遅い人もいると書かれています。やはりお優しい本!おすすめです。

その前の二作↓

 

読んで頂きありがとうございます。

ブログ村に参加中です。よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

読者登録もよければ…